読書備忘録 “いつも傍に本があった。”

『めぐりあう時間たち』映画の感想

知人女性のお薦めで、映画『めぐりあう時間たち』を観た。



ストーリーは、小説『ダロウェイ夫人』を中心として展開する。三つの時代と三人の女性が交錯し、物語が紡がれる。

一つ目の時代。
1923年、作家ウルフ本人。神経衰弱で療養しながら小説を書いている。愛してくれる夫はいるが苦しみは癒えず、病気も回復しない。療養のために連れて来られた田舎に監禁されている想いで、苦しんでいる。
二つ目の時代。
1951年、『ダロウェイ夫人』を愛読するロサンゼルスの女性。裕福な夫がいて家があり、幼い男の子がいて、現在も妊娠中。幸福そのものだが、『ダロウェイ夫人』に同調してしまうようなある苦しみを抱えている。
三つ目の時代。
2001年、レズビアンで女性と同棲しているニューヨークの女性。同じく同性愛者で、現在はエイズに罹り療養中の詩人リチャード(元彼)との一夏の恋が忘れられず、思い出に囚われている。

三人の女性たちはそれぞれ見た目には自分らしく生きていて、幸福そうに思われている。
だが実は癒しがたい深い苦しみを抱え、葛藤しているところで共通し、共鳴し合っている。

おそらく同じ苦しみを抱えている人は彼女たちに共鳴するだろう。
特に、女性は。
そしてそんな女性たちのためにこの映画は存在している。
“共鳴”することで癒される苦しみもあるのだ。

人生はかくも苦しく、悲しみに溢れている。
真っ暗な底であがいている女性はぜひ一度この映画を観て欲しい。
この映画はあなたの苦しむ背中にそっと手を置き、優しくさするだろう。
※ただし少しネガティブなシーンもあるから、精神の状態が悪い時には観ないほうが良いかもしれない

解説と、個人的感想(ネタバレあり)

『ダロウェイ夫人』とは、イギリスに実在した作家ヴァージニア・ウルフの代表的長編小説。この映画は『ダロウェイ夫人』を深く愛する人による、小説世界を投影した物語だ。

小説ファン、もしくは登場する女性たちと同じ苦しみを経験をした人にしか理解出来ない世界、と言えるかもしれない。
“同じ苦しみを経験した人”とは、立場として自然と女性のほうが多くなるはず。

おそらく普通の男がこの映画を見たら、ただ苛々するだけではないだろうか。
「何故、あの女たちは全てを悪いほうへ考え、自分で自分の人生を駄目にするのか?」
「何故、あの女たちは鬱々とした気分と決別して、前向きに生きようとしないのか?」
と。

何よりも男目線で腹立たしいはずなのは、登場する女性たち(二人)が愛してもいない男と結婚し・それを口にせず偽りの家庭生活を演じ・最終的に姿を消すことだ。
これは愛する女性を幸せにするために全人生を捧げてきた男からすると、大ダメージを受ける行為であり、理解不能で許しがたい罪と言える。
客観的に見ている我々は思わず彼らに同情し、
「だったら始めから結婚なんかするなよ! 愛していないならいないと、早い段階で告げて別れてやれ!!」
と叫んでしまう。
でもそのように叫ぶのは無粋なのだろう。女性から見れば、彼女たちの本心に気付くことが出来なかった男たちにこそ罪があるのかもしれない。

今いち納得出来ずに不愉快な気分でこの映画を観終わった人は、現実の作家ヴァージニア・ウルフを知ると少しは腑に落ちるだろうか。
ヴァージニア・ウルフは少女期に性的虐待に遭い、そのトラウマや家族の死に直面することによって精神を患い、長く幻覚や幻聴に悩まされ続けた。
その耐え難い苦しみ、深い闇があってこその、最後の決断だった。

苦しかったろう。
辛かったろう。
私はせいぜい頭痛で苦しむ程度で、幻覚や幻聴の経験はない。だからその地獄を想像してもきっと苦しみの10分の1にも満たないと思う。
「もっと健康的に生きる方法もあったはずだ」などと軽々しく言うのは健康な人間の自惚れだろう。
時代もある。治療法はない。薬もまともなものがない。最終的にあの道を選んだのは悲しいことだが、当時としてはそれしか救われようがなかったのではないだろうか。
(芥川龍之介などに対しても同様に思う)

あの選択に罪はない、とは言わない。だが人間として、誰が彼らを責められるだろう。
それでも、せめて物語としては彼ら(彼女ら)の生に希望を与えて欲しかったというのが個人的感想。
たとえば私がヘルマン・ヘッセを好きなのは、不屈の精神で人生に挑み続けたからだ。
ヘッセには希望があり、救いがある。人生を悲しみだけの色で塗り潰さなかった。私は彼を、遥か高みの“人生の模範”・“心の師”と仰いでいる。

女性と男性の苦しみの原因は違い、闘い方も違う。だからヘッセとウルフを比較することは出来ない。
だがおそらく私は彼女の小説を読んだとしても、同じ気持ちになることはない気がしている。少なくとも最後の選択だけは、自分にはないと信じている。

【追記】

実は、私は女性作家の小説に共鳴することが滅多にない。
※今まで女性作家の作品ではまったのは、パール・バックと山崎豊子のみ。小野不由美と諏訪緑(漫画家)は別枠で尊敬、桜庭一樹は一作だけ共鳴した
だから無意識に女性の書いたものを避ける癖があり、そのせいかこの小説も読んだことがなかった。知りさえしなかった。申し訳ない。
この映画を見て、いつか彼女の小説を読んでみたいと思った。

Share:

Translate