読書備忘録 “いつも傍に本があった。”

フォイエルバッハの講義より引用


 

そこでわれわれは死者をそっとしておいて、生きている者のことを心配しようではないか! もしわれわれがよりよい生活をもはや信じないで、これを欲するならば、もちろん個々にではなく、みなで力をあわせて欲するならば、われわれはまたよりよい生活を創造し少なくとも従来人類が苦悩してきた言語道断の不正と邪悪との数々を排除できよう。しかしこのことを意欲して、実現するためには、神の愛のかわりに人類愛を唯一の真の宗教として代置しなければならない。すなわち神の信仰に代えて、人間の自分自身に対する、自分の力に対する信仰を、人類の運命は人類の外に存するなにかある実体によって左右されるのでなく、人類自身に依存しており、人間の唯一の悪魔は粗野で、迷信的で、利己的で、邪悪な人間そのものであって、他面人間の唯一の神は人間そのものであるという信仰をもってしなければならない。

―― Ludwig Feuerbach:Werke,Ⅷ.S.369-370.猪木正道訳

欧州における悪魔崇拝のベースとなった、神(≒唯心論)への反抗思想。

フォイエルバッハの言う意味での“人類愛”には私も共鳴する。ただし当時の欧州人にとっての「人間性」「人道」という言葉は東洋とかなり違っていたために、悪魔崇拝や全体主義の基礎となってしまった。

(東洋で「人間性」や「人道」を訳語として使うべきではなかった。結果的にこれらの素晴らしい東洋語を盗まれることになった)


フォイエルバッハの人類愛は正当で美しく善良だし、民を虐げていたキリスト教への抵抗は当時絶対に必要だったが、神を殺してその座に鎮座しただけの社会主義(全体主義)を生んだのは悲劇だった。彼自身は全く想定していなかったことだろう。

Share:

Translate